不倫妻と離婚、復縁? 最悪の日々…

2005年7月に離婚しました。しかし今現在も戦っております。離婚から現在まで核心は誰にも相談できず、一人苦悩してきました。それらをブログを通して誰かに見てもらい、自分の気持ちを整理できればと思います。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 




RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE

↓ブログランキングに参加しています。
↓もっと上位に行きたいです。
↓クリックお願いします。
人気blogランキングへ

 
    
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
キャバクラ嬢フー子
JUGEMテーマ:離婚

前回の「お金の問題2」からの続きです。

 太郎「だっておかしいだろ。離婚してまだ半年ちょっとだぞ。
   なんでそんなに使うんだよ」

フー子「しょうがないじゃん。もういいよ。」

こんな感じで最後はやっぱり逆切れでした。
もちろんそんなお金は持っていないので
次の日、学資保険を解約に行きました。。。情けない。。
離婚した妻に振り回されっぱなしです。

しかし、フー子も行動に出ました。

フー子から夜また電話があり

フー子「今週末、泊りで子供お願いできないかな」

 太郎「なんで。」

フー子「お金ないからバイトしようと思って」

 太郎「えっ?」

フー子「夜の仕事だよ。しょうがないでしょ」

そうです。フー子は昔キャバクラで働いていた経験があります。
その当時は常にNo1だったらしいです。
それを活かして??週末にバイトをするというのです。
短絡的すぎる。。。
 
続きを読む >>
お金の問題2
JUGEMテーマ:離婚

フー子のお金の管理のダメさは前回お金の問題で書いたような感じです。
ただ、フー子はお金の問題でも追い打ちを掛けるように私を追い詰めるのだ。

それは「事件〜その後」で書いたような生活を送っていた
離婚から約7、8か月を迎えていた頃だ。

月10万以上の養育費、自分の稼ぎ(手取りで15万程度)
その他食材など、結構な援助をしてきたつもりでしたが
このタイミングでフー子の借金が発覚した。

その額はなんと・・・。

ある日の夜フー子より電話があった。


フー子「ねー太郎」

太郎「何?」

フー子「学資保険解約できないかな」

太郎「なんで??」

フー子「いやちょっと借金の返済で使おうと思って」

太郎「はぁ??だってあれ、俺の口座から引き落とされているだろ!」

※ちなみに学資保険は私の口座から引き落とされていた。
 
続きを読む >>
お金の問題
JUGEMテーマ:恋愛/結婚

前回「事件〜その後」からの続きです。

主に土曜日の朝フー子の家の近くで待ち合わせ子供を引き取り
その夜に同じ場所でまた、子供を別れるといった生活を続けていた

子供とは泊まりで一緒に居たかったが
この期に及んでまだ私のフー子への思いなのだろうか
フー子に夜の自由を与えたくなかったのだ
子供を使っていたのである。最低だ。。。

もう一つ問題があった。。
フー子は経済力がまったくないということだ。

仕事はしていたのだが、ほとんど稼ぎがなく、また稼いだお金も
節約せずどんどんと使ってしまうのだ。
フー子の場合、ブランド物を買うとか高い物を買うとかいう浪費家と違い
安いもの大量に、いらない物を大量に買うタイプだ。
たとえば食品の場合、誰がそんなに食べるんだ
といった量を買い腐らせて捨てる
もったいない話だが、食品の半分は捨てている。

子供の服にしても安い冬物のジャンバーを1シーズンで
何着(5〜10着)も買い、無駄なローテーションをする。

この件に関して何度か言ったのだが、
お金の使い方が本当に分かっていないようで
逆切れをし、まったく改善の余地がないのだ。

そのため、離婚してから、養育費は分割で会うたびに
少しつづお金を渡していた当初月6万円を渡す約束をしていたのだが
なんだかんだで恐らく倍の12万は渡していた。



 
続きを読む >>
事件〜その後
この事件で、完全に気持ちが切れたというか
傷つき過ぎて
もう嫌になっていた。

なぜオヤジがフー子を尋ねたかというと
どうやら中絶を知った
オヤジがお金を持って来たらしい。

俺にとってはどうでも良いことだ。

今思えば、このクソオヤジをボコボコに
してやればよかったと思う。
(それで気持ちが晴れる事はないのだが。。。)

この事件後、フー子は弱ってきて
かなり俺に頼るようになっていた

俺から言わせれば
なぜ加害者のフー子が弱るのか?
そして
被害者の俺に頼るのかが分からなかった。
俺も完全に弱っていた。

でもこの事件で俺の中で1つの区切りがついた。

やっと終わった。。
続きを読む >>
おぞましい記憶
今過去の記事を読み直してみたが

相変わらず
更新が遅くてスミマセン。m(_ _;)m

私が第一話で書いた
不倫妻と中絶
のところまできました。

過去の記事を今振り返り読んでみる・・・
あのおぞましい記憶が
蘇ってくる・・・

やばい、今書かなきゃ良かったと
正直思う。

ホントに当時の怒りや悲しみがフラッシュバックしてきた
傷は予想以上に大きい。。
結構立ち直っていると思っていたのですが
実際当時の文章を読んでみると
きついものがあります。。。

今でもそうですが離婚は
体にも色々と影響を及ぼしていて
今でこそ体重は元に戻っていますが
食事中たまにふとしたひょうしに
ご飯が喉を通らないことがあります。
そして気持ち悪くなり吐くこともあります。
また、顔の痙攣が治まりません。
体は頑丈な方だと思っていたのですが
精神がやられているようです。

今日は書くのを辞めます。。

スミマセンm(_ _;)m

続きまだまだあります。
また暇をみてUPします。

↓ブログランキングに参加しています。
↓もっと上位に行きたいっす
↓クリックお願いします。
人気blogランキングへ
あやしいメールについて
フー子の家にいたり、フー子と一緒にいたりすると
時々携帯にメールがあることがあった。
それに関して、フー子は誰々と私も知っている
友人の名前を言っていたが
時たま、メールを見て
無反応の時もあった。

最近分かってきた事で、
自己分析すると私はこういったときに
深く突っ込めないタイプだ。
誰からだろうと気になっているのだがその
「誰から?」
が言えないのだ。
女になめられる典型だ。。。
女からすれば都合が良い男だし
もしかしたら、私に興味がないんでは?
愛していないのでは?
って思うかもしれない。

ここまで分かっているのだが、
彼女を信用しているから大丈夫
なんて言い聞かせてしまう。
続きを読む >>
またまた逆戻り

それからはまた、
以前と同じように
週末はフー子の家、平日も、1,2日くらい
フー子の家に泊まりそこから
会社に行くような生活となった。

恐らく、私もこの頃は寂しかったんだろうと思う。
裏切られても、一人でいるより
子供といる方が、気が紛れたのだろう

子供にも父親がいたほうが良いに決まってる。
たとえそれが偽者の夫婦であっても。

年末、年始とまあはたから見れば
普通の家族のように初詣に行ったり、
買い物に出かけたりとすごした。


ふー子はこの頃
よく、
続きを読む >>
フー子のペース
前回「フー子の答え」の続きです。

次の日からまたフー子は
何事も無かったようにメールをしてきた
内容はおはようから始まって、
子供の様子やら会社の愚痴やら
何やらだった。
俺も、もちろん許すつもりはないのだが
何かを決断することも出来ず
普通にメールの返信をした。

こうやってまたもや
フー子のペースになっていってしまった

オヤジが来たと知った日から
約1週間がたとうとしていたある日
フー子がまた行動に出た

ある晩フー子から電話があった
続きを読む >>
不倫妻と中絶
今日、元妻が、不倫相手との子供を中絶したことを知った。

昨年の7月に離婚したのだが
妻がよりを戻したいと言ってきており
私もすぐは難しいが子供の事も考え、
妻の態度等を見ていき、反省していれば
時間をかけて復縁しようとしていた矢先のことである。

今日妻の家に行ったとき
子供が、おやじと会ったと言うのである。
そう、このおやじって言うのが不倫相手だ。
私は妻に問い詰めた。

俺「まだあいつと会ってるみたいだから俺はもういいや、この家にも
こないわ」

妻「この前、理由があって家にきたんだ」

俺「・・・・」
(正直どんな理由があろうとも家に来てあったというのは事実だし
もうどうでもいい。)

妻「子供おろしたんだ」

俺「・・・・」
(正直ショックだった、、昨年末まで会ってたのは知っていたが
やはりそんな関係だったのかといった事実と、俺の思考の限界を
超えている。
しかし正直だからどうしたって気分です。
だからといって家で会う事はない。)

俺「子供しっかり育てろよ」

妻「・・・・」

このまま、俺は自分の家に帰ってきた。
続きを読む >>

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"