不倫妻と離婚、復縁? 最悪の日々…

2005年7月に離婚しました。しかし今現在も戦っております。離婚から現在まで核心は誰にも相談できず、一人苦悩してきました。それらをブログを通して誰かに見てもらい、自分の気持ちを整理できればと思います。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 




RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE

↓ブログランキングに参加しています。
↓もっと上位に行きたいです。
↓クリックお願いします。
人気blogランキングへ

 
    
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
妻の家
さて突然ですが今回から
元妻の名前を「フー子」と命名します。
(不倫の「ふ」でってことで)
で、私ですが、「太郎」とします。(こっちはなんとなく)

前回の「不倫妻の変化」の続きです。

フー子と子供と食事をした私は、
正直癒されてました。

そしてこれをきっかけに
週末はフー子と子供と一緒に過ごすようになりました。

しかしフー子は自分の家を教えてくれません。
フー子の家の近くで待ち合わせして、家の近くで
別れていました。
(実際、私はフー子の兄弟から聞いて知っていました
 そして、寂しさの余り、一度だけ行った事もありました。
 外から部屋の明かりを見て帰りました。。。)
 

ある日の事、その日はフー子と子供と
ショッピングに行くことになっていました。

家の近くの待ち合わせ場所で待っていると
フー子と子供が着ました。

フー子は

フー子「太郎、ちょっとこっち着て」

太郎「えっ?」

フー子に言われフー子の後をついて行きました。
するとあるアパートの前に立ち止まって

フー子「あそこが家だよ」

といってアパートの部屋を指差しました。

フー子「今度はここまで迎えに来てね」

太郎「ああ分かったよ」

とフー子はあっさり自分の家を教えてくれました。

それからフー子と子供と会うときは家の前で
会うことになりました。

別れるときも家の前でしたので
子供は家に寄っててといっていました。

しかし、そういう気分にはなれず、私は断っていました。
それに対してフー子は特に何も言いませんでした。


↓私と同じように不倫妻と闘ってる人のブログがあります。
↓悲しいブログが結構あります。
ぽちっと押してくれたらうれしいです。

人気blogランキングへ

スポンサーサイト
- | 22:05 | - | -
コメント
from: かなちゃん   2006/04/06 3:06 AM
久しぶりにコメントします。

何かあっさりと教えてくれたのですね・・・。
心境の変化でもあったのでしょうか。

ランキング応援します♪
また来マース☆
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://furinn.jugem.jp/trackback/22
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"